思春期ニキビだってホルモンの乱れが大きな原因となる

思春期ニキビだってホルモンの乱れが大きな原因となる

過度の乾燥や皮脂の分泌により、発生するニキビもありますが、ホルモンが関係するニキビも多いものです。ホルモンのバランスが崩れる事が原因で出来るニキビには、いくらアクネ菌を殺菌したり、清潔を心掛け保湿をしっかりとしても根本的な解決にはなりません。
こうしたケアを続けても、ニキビとのいたちごっこになってしまう事でしょう。

 

もちろん、単純に乾燥や皮脂が原因の場合は良いのですが、例えば過剰な皮脂は男性ホルモンの影響だったりするのです。また、肌の乾燥は女性ホルモンの分泌が低下している事が原因の場合もあります。

 

そしてホルモンが影響するニキビと言えば、大人ニキビの事だと考えていませんか?

 

大人ニキビもホルモンの乱れが原因となる事が多いのですが、10代から20代前半の思春期ニキビだってホルモンが大きな原因となっているのです。
大人のニキビは、ストレスや生活習慣の乱れによりホルモンバランスが崩れる為に起こります。

 

しかし、思春期ニキビは年齢的にホルモンの分泌が急激に活発になりすぎる事により起こります。
生活習慣やストレスがニキビの悪化を促す事はありますが、思春期のホルモンの変化はある意味正常な成長により引き起こされると言えるのです。

 

このように、大人ニキビも思春期ニキビも両方ホルモンの影響が大きい事が分かりました。ですが、ニキビケアのアプローチ方法は両者で異なります。
大人ニキビの場合は、ホルサプリメントや漢方、ピルなどを用いたホルモン治療が有効です。

 

ただ、思春期にこうしたホルモン治療を行う事は推奨出来ません。思春期ニキビのケアとしては、ホルモンの影響で過剰になった皮脂を洗顔で綺麗に除去すること。出入り口が狭くなった毛穴をピーリングなどの化粧品を用いてケアする事が有効です。サプリメントなどを摂取する時は、ホルモン作用のある成文ではやく、皮脂の分泌を抑え肌を健康にするビタミンBやCのサプリメントが適しています。

 

ホルモンは、思春期ニキビにも大人ニキビにも影響を与えていますが、それぞれニキビケアのアプローチ方法は変える必要があるのです。

 

スキンケアで大人ニキビ・思春期ニキビともにカバーできるのがどろあわわです。ニキビケアコスメにしては値がはりますが、それだけの効果を実感できるでしょう。

 

ルナメアacでの上手な洗顔方法