アンチエイジングのために運動するときの4つの注意点

アンチエイジングのために運動するときの4つの注意点

運動する時間帯を選びましょう

 

アンチエイジングのために運動しようと思う場合、効果的な時間帯というものがあります。特に、朝に運動を行うことが効果的とされています。その理由ですが、朝はほかの時間帯と比較し、代謝力が高い時間帯だからです。さらに、寝ている間はほとんど動かないで同じ姿勢を取っているものです。つまり、身体が凝り固まっている状態ですので、それをほぐしてあげることにより、活力ある一日を送ることができます。できれば、ストレッチなどを朝起きた時や夜寝る前など決めて行い、習慣化するとよいでしょう。

 

適度な運動を継続して行いましょう

 

運動と言うと、息が切れるほど行うことを連想する方もいますが、アンチエイジングに必要なのは疲れを感じるほどの強い運動ではありません。強い運動は活性酸素を増加させてしまい、かえってアンチエイジングの効果をなくしてしまいます。ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を、少しずつでもよいので継続して行うことがおすすめです。運動自体がストレスとなってしまうような運動の仕方は避けることが大切です。

 

正しい姿勢で行いましょう

 

同じ運動でも、どんな姿勢で行うかで効果はかなり違うものです。同じウォーキングでも、胸を張り、目線を下げずに、歩幅は広めでかかとから着地するよう意識して行うだけでも効果が上がります。たかが通勤の帰り道、買い物の行き帰りと思わず、アンチエイジングを意識した姿勢で歩くだけで一石二鳥になります。

 

屋外での運動は紫外線対策を忘れずに行いましょう

 

運動はアンチエイジングに良いものですが、屋外で行う場合は紫外線対策もきちんと行うことが大切です。紫外線は、お肌の老化を促進させてしまう原因の8割から9割を占めていると言われています。ですので、15分ほどの紫外線も肌にはダメージを与えてしまいます。短時間の運動だからと慢心せずに、日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりなど、お肌を守る手段を講じましょう。"